箱根の関所 - 古地図で巡る 歴史観光スポット

箱根の関所

※ 地図が表示されない場合は、ブラウザをリロードしてください。

箱根関所

江戸幕府が全国に設置した53個所の関所のうち、東海道の「新居」、中山道の「碓氷」「木曽福島」と並ぶ四大関所として重要視されたのがこの箱根の関所です。 元和五年(1619)よりこの地に設置されたと伝えられ、明治2年(1869)に廃止されるまで250年間にわたって江戸の防衛を務めてきました。 現在の箱根関所は、昭和58年(1983)に発見された修理資料『相州箱根御関所御修復出来形帳』(1865)に基づき、細部に至るまで徹底した復元作業が行われ、江戸の当時の姿をほぼ忠実に再現したものとなっています。

箱根関所 江戸口御門

箱根関所の様子

定書

関所の役割で重要なのは、いわゆる「入鉄砲に出女」の取り締まりで、江戸に鉄砲を持ち込ませないようにすることと、人質として暮らす大名の奥方が国元に逃げ帰らないように厳しくチェックしていました。 取り調べを行うメインの場所は「大番所」で、これと向き合う形で足軽たちが詰めた「足軽番所」が配置されていました。

大番所

 HOMEに戻る